キャベツ 効能

     生活習慣病に効く!
健康食事Web

キャベツ効能

健康食事webキャベツの効能

 キャベツの栄養と効能




 《キャベツの注目成分:ビタミンC・U・K・イソチオシアネート》

キャベツはビタミンCが豊富で、風邪の予防や疲労回復などに効果があります。またビタミンUやビタミンKを含み、これらの働きによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に役立っています。

加熱すると成分の中には分解してしまうものもあるので、できれば生のキャベツを食べるほうがより多くの栄養を摂取することができます。ぜひ毎日の食事に取り入れていきましょう。
加熱するなら、煮汁も一緒にとるようにしましょう。


スポンサードリンク

【生活習慣病に効く】
キャベツに含まれているビタミンUには消化性潰瘍の改善をはやめたり、肝臓内の脂肪を減少させる働きがある。また抗酸化作用により活性化酸素を減らし、細胞の免疫力を高め、がんや生活習慣病の予防に効果がある。


【胃の不調に効く】
キャベツは淡色野菜の中で最もビタミンUが多く、胃のびらん・潰瘍修復などの健胃効果がある。キャベツを常食すると胃の粘膜が保護され、胃の血液がよくなり、胃炎や胃潰瘍の症状に効果がある。

キャベツジュース
キャベツ四分の一をざく切りにしてミキサーにかけてからガーゼでしぼる。

  
            
【胃の痛みに効く】
キャベツに含まれるビタミンUは、体内の傷ついた組織を修復する働きがあり、胃炎や胃潰瘍を予防。


   
【肌荒れに効く】
キャベツでパックをすると、キャベツに含まれるビタミンUが肌の奥までしみとおり肌細胞の代謝に必要な核酸を生成し、肌細胞が速やかに生まれ変わるのを促す。パックすると毛穴を引き締めてくれる。

  キャベツパック
@キャベツをすりおろす。(大さじ2)
A@にヨーグルト(大さじ1)とハチミツ(大さじ1)を混ぜ合わせる。
B洗顔後に顔にのせ軽くマッサージをしましょう。10分後にティッシュペーパーでふき取り水で洗う。


スポンサードリンク


スポンサードリンク
    カテゴリー
健康に効く食材一覧
 健康に効く食材あ行〜さ行
 健康に効く食材た行〜わ行
 
症状別健康食事療法一覧
 呼吸器系
   風邪・発熱・せき・痰・のどの痛み

 消化器系
   胃の調子が悪い
   便秘
   二日酔い     
   下痢
 循環器系
   高血圧
   動悸・息切れ
   高脂血症  
   貧血
 泌尿器系
   排尿異常
   

 代謝・神経疾患
   肥満
   血糖値が高い
   頭痛・肩こり・神経痛
   アレルギー疾患
   不眠症
 皮膚疾患
   アトピー性皮膚炎
   ニキビ・はれもの・イボ
   肌荒れ    
   シミ・シワ
   湿疹・あせも
   やけどあかぎれ 
   水虫
   薄毛・抜け毛
 身体の不調
   更年期障害 
   疲労回復
   精力減退
   夏バテ
   冷え症
   体臭
   歯の痛み・歯ぐきが腫れる
   眼病予防
  
健康酒の作りかた
  
美味しい健康酒の作りかた
健康茶の作り方
  美味しい健康茶の作りかた

栄養成分
  栄養成分用語
Copyright (C) 健康食事web All Rights Reserved