キュウリの栄養と効能

     生活習慣病に効く!
健康食事Web

きゅうり効能

健康食事webキュウリ

 キュウリの栄養と効能

 



 《キュウリの注目成分:カリウム・ビタミンC・ククルビタシン》

きゅうりは夏が旬。夏は暑さで体内に熱が生じて体力を消耗しやすい季節ですが、きゅうりは体内の熱を冷まして炎症を取り除く働きをしてくれます。

主な栄養成分はカリウム、銅、β‐カロテン、ビタミンE、ビタミンC

苦味成分のククルビタシンは抗がん作用があるので、皮ごと食べるとより効果的です。
 
             キュウリ酒の作り方
             キュウリの皮茶の作り方

スポンサードリンク

              
【発熱に効く】
キュウリは利尿効果がある。水分のとりすぎでむくんだり、熱っぽいときや、身体がだるいときなどに効果がある。
口が渇いたり、喉が腫れて痛いときにも効果がある。
             キュウリの皮茶の作り方


【夏バテに効く】
きゅうりのもつ水分は粒子が細かく血流をスムーズにさせ、体の格器官にも栄養を行き届かせ、全身の機能を高めてくれる。キュウリに含まれるカリウムは血液のナトリウム濃度を下げる働きがあり、高血圧を予防し、利尿作用と体の熱を冷ます効果がある。
             キュウリ酒の作り方


【生活習慣病に効く】
キュウリのへたに近い皮に含まれる、ククルビタシンというアルカロイドにはがん細胞の増殖を抑制する働きがあるといわれており、キュウリを食べるときは皮ごと食べるようにしましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク
    カテゴリー
健康に効く食材一覧
 健康に効く食材あ行〜さ行
 健康に効く食材た行〜わ行
 
症状別健康食事療法一覧
 呼吸器系
   風邪・発熱・せき・痰・のどの痛み

 消化器系
   胃の調子が悪い
   便秘
   二日酔い     
   下痢
 循環器系
   高血圧
   動悸・息切れ
   高脂血症  
   貧血
 泌尿器系
   排尿異常
   

 代謝・神経疾患
   肥満
   血糖値が高い
   頭痛・肩こり・神経痛
   アレルギー疾患
   不眠症
 皮膚疾患
   アトピー性皮膚炎
   ニキビ・はれもの・イボ
   肌荒れ    
   シミ・シワ
   湿疹・あせも
   やけどあかぎれ 
   水虫
   薄毛・抜け毛
 身体の不調
   更年期障害 保管
   疲労回復
   精力減退
   夏バテ
   冷え症
   体臭
   歯の痛み・歯ぐきが腫れる
   眼病予防
  
健康酒の作りかた
  
美味しい健康酒の作りかた
健康茶の作り方
  美味しい健康茶の作りかた

栄養成分
  栄養成分用語
Copyright (C) 健康食事web All Rights Reserved