玉ねぎ 効能

     生活習慣病に効く!
健康食事Web

玉ねぎ効能

スポンサードリンク

健康食事web玉ねぎの効能

 玉ねぎの栄養と効能




 【玉ねぎの注目成分:カリウム・ビタミンB1・グルコキニン・アリシン】

生の玉ねぎを切ると涙がでます。これは硫化アリルという辛味成分が目の粘膜を刺激するためで、ビタミンB1の吸収を助けて新陳代謝を盛んにする働きをもち、疲労、食欲不振、不眠、勢力減退に効果があります。

ほかにも糖尿病の予防にも有効な成分が含まれており、玉ねぎの皮にも高血圧や動脈硬化を予防する成分が含まれています。

このように玉ねぎは薬用野菜の宝庫であり、毎日食事で工夫しながら摂取していきたいものです。

        玉ねぎ茶の作り方

玉ねぎの保存方法 
風通しのよいところに網に入れてつるして保存すると、2〜3か月もつ。


スポンサードリンク

        
【生活習慣病に効く】
玉ねぎの成分と、スライスすることで出てくる酵素が反応して作り上げる物質が、体内の血液がさらさらにする働きがあり、生活習慣病の予防する。



【高血圧に効く】
玉ねぎの皮に含まれる抗酸化成分ケルセチンは強力な抗酸化力で、高血圧に効果的に働く。
       玉ねぎ茶の作り方


【高脂血症に効く
玉ねぎの皮に豊富に含まれるケルセチンはポリフェノールの一種であり、血栓を溶かしたり、血液がドロドロになるのを防ぐ。


              
【高血糖に効く】
玉ねぎのつんとくる刺激臭は硫化アリルによるもので、血液の流れをよくする働きがあります。血中の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減少させる。



【頭痛に効く】
玉ねぎに含まれるビタミンB1は筋肉や神経の働きをよくする。また抗酸化成分ケルセチンを含み血栓ができるのを防ぎ血圧を安定させ、頭痛の要因を取り除く。



【不眠症に効く】
玉ねぎを切ると涙がでてくるが、これは硫化アリルという成分によるもの。硫化アリルはビタミンB1の体内での活性を助けストレスやイライラ、不眠症の症状の改善に効果的。



【精力減退に効く】
硫化アリルはビタミンB1の吸収を助け、新陳代謝を盛んにし、疲労回復、食用増進、精力増強の効果がある。


スポンサードリンク



楽天・健康食品市場のページ
    カテゴリー
健康に効く食材一覧
 健康に効く食材あ行〜さ行
 健康に効く食材た行〜わ行
 
症状別健康食事療法一覧
 呼吸器系
   風邪・発熱・せき・痰・のどの痛み

 消化器系
   胃の調子が悪い
   便秘
   二日酔い     
   下痢
 循環器系
   高血圧
   動悸・息切れ
   高脂血症  
   貧血
 泌尿器系
   排尿異常
   

 代謝・神経疾患
   肥満
   血糖値が高い
   頭痛・肩こり・神経痛
   アレルギー疾患
   不眠症
 皮膚疾患
   アトピー性皮膚炎
   ニキビ・はれもの・イボ
   肌荒れ    
   シミ・シワ
   湿疹・あせも
   やけどあかぎれ 
   水虫
   薄毛・抜け毛
 身体の不調
   更年期障害 
   疲労回復
   精力減退
   夏バテ
   冷え症
   体臭
   歯の痛み・歯ぐきが腫れる
   眼病予防
  
健康酒の作りかた
  
美味しい健康酒の作りかた
健康茶の作り方
  美味しい健康茶の作りかた

栄養成分
  栄養成分用語
Copyright (C) 健康食事web All Rights Reserved